スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミスト5 ターギラからディレボ、そして地下世界へ
Mon.05.09.2016 Posted in ゲーム
29

行き止まりなので、再度ペデスタル内に入る。
シャボン玉から透かし見えるのは、ターギラの氷の世界と、ディレボの沼と橋の世界が重なった様子だ。2重写しになっている。
こうしてシャボン玉内から景色を見ることで、視覚的にどの時代へと繋がっているか確認出来るのだ。

28

とりあえず、またスレートの左下のマーク(ディレボマーク?)を押してディレボに戻る。

27 

ディレボのペデスタルに戻ってきた。
スレート下の真ん中のマークは、ターギラのマークなのだろうか?

26 

ペデスタルから出て、ディレボを見渡す。
向こう側の島に別のペデスタルがあるのが見える。
しかし、橋の入り口のゲートが開かないのでどうしようもない。

25 

接続書からまたはじめの時代に戻ってくる。
そして部屋から出て、エッシャーに出会った謎の大広間へと向かう。

r_20160903005025e52.png 

24 

広間を調べると、何かのスイッチらしきものを見つける。
手前に引いてみると、隣の扉が開く。

22 

開いた扉から進んで行く前に、もう少しこの広間を調べてみる。

23 

反対側にもうひとつスイッチがあるが、これは手前に引いても壊れているのか動かない。

21 

隣の扉は閉ざされている。

20 

開いた扉から進んで行く。

19 

また円形の空間が現れる。


続きを読む »

スポンサーサイト

Tag: ミスト5

ミスト5 ディレボ「休息の時代」
Sun.04.09.2016 Posted in ゲーム
前の時代と同じように、シャボン玉状の膜の中に装置が入っている。
シャボン玉の中から出ると、エッシャーが現れる。

f.png

彼の話から、この時代が「ディレボ」という名前で「休息の時代」と呼ばれていること、そして、このシャボン玉の膜に囲まれた装置が『ペデスタル』であって、この装置に載っている石板が『スレート』だということが分かる。

ペデスタルは接続書と同じように、時代に接続するための装置であり、邪悪なものであると彼は語る。
この『ペデスタル』と『スレート』を、バーロというものたちが作り上げたらしい。
バーロは動物であり、邪悪な悪霊のようなものらしい…。
先ほどの時代で蠢いていた謎の生き物たちのことだろうか?
突然蒸発するように消えてしまう辺りが、霊的な存在のように思える。

接続書の右ページ下の図のように、この時代は島が4つあり、それぞれが橋で繋がっている。

y_20160903004915406.png 

橋は入り口が閉まっているが、左の青いスイッチを押すと、柵が上がって通れるようになる。

g_20160904001606720.png

橋を渡るが、向こう側の島へ行くには向こう側から、また同じように青いスイッチを押して、橋の入り口に取り付けられた柵を開けなければならないようだ。

j_20160904001608746.png

h_20160904001608050.png 

頭上を見上げると、長さの異なる細長い岩が高く聳え立っている。
とても幻想的で美しい。
そこかしこに白い蝶が舞っている。

k_20160904001609e94.png

もう一箇所の橋の入り口も開けるが、やはりこちらもまた同じように、向こう側からスイッチを押さなければ柵は開かないようだ。

l.png

またシャボン玉の中に入り、ペデスタルを観察する。
ペデスタルには文字らしきものが多数刻み込まれている。
そして、装置の上にはスレートが載せられている。

p.png

とりあえず、スレートの上でカーソルが変化したのでクリックしてみると、スレートを持つことが出来た。しかし、さっぱり使い方が分からない。
スレートが載っていた場所にはスレートに似た形のマークが現れる。
このマークは左下にも小さく記されている。

お 

スレートをペデスタルに戻す。
スレートを置いたすぐ下の所に、不思議なマークがある。
とりあえずそこを押してみると、別の時代に飛ばされる。

い 

先ほどエッシャーが言っていた氷の時代「ターギラ」に飛ばされたようだ。

う 

エッシャーの立っていた向こう側の穴から、外を眺めてみる。
何か建物のようなものが見えるが、この穴からは外へは出られないようだ。

y_20160904001645bdd.png




Tag: ミスト5

ミスト5再開
Sat.03.09.2016 Posted in ゲーム
今年の1月4日に、Steam で 75% オフだった『Cyan Complete Pack』を激安価格で購入して、念願のミストシリーズを一気に手に入れた上機嫌の私でしたが…
 

一度途中まで進んでたミスト5も、仮想化ソフトの不調でWindowsが使えなくなってしまい、しばらくゲームを中断せざるを得なくなってしまいました…(´;ω;`) 

そして記憶喪失並みに忘れっぽい私なので、復活までの短期間ですっかりプレイ内容を忘れてしまったのでした~┐(´-`)┌

…というわけで、結局初めからプレイすることに(^_^;) 

今度は忘れないように、ゲーム記録をつけておくことにしようっと♪

 


00 



 

<以下、プレイ記録>

アトラスの独白に続いて、場面はミストのラストシーンでアトラスが閉じ込められていた場所から始まる。 

アトラスの居た机の上にはミストへの接続書が置かれているが、誰かがうっかり中を見ないように革のベルトで固く封印されている。

 円形の広間には、ぐるりと円形の床を囲むように扉が何個も配置されていて、頻繁に轟音が鳴り響いて地面が揺れる。
まるで地震のようだが、どうもこれは以前リヴンが崩壊していった直前の状態に似ている。

 地震の後、机の反対側に位置する扉に把手が付いているのに気づく。
よくよく観察すると、多数ある他の扉には把手は付いていないようだ。

 扉を開けると、通路が続いている。
美しい青緑と紫色の、アラベスクのような繊細な樹木の意匠が施された壮麗な通路を進んでいく。 

まるで森の中を歩いているようだ。
そこかしこに謎の猿のような生き物が蠢いていて、鳴き声にはゾッとさせられるが気にせずに進んでいく。

 途中、床に置かれた電灯とその脇に置かれた一冊の本を見つける。
どうやらこれはセーブ用の記録帳のようだ。
英数字で記録を記入できるようになっているが、日本語は使えない。

 試しにセーブしてみると、この本のページにセーブ時の画面画像が接続書と同じように記録される。

電灯の脇の通路を進んでいくと、シャボン玉のような不思議な膜に覆われた謎の装置に行き着く。

 

う 

 膜の中へと入ると、周囲の膜に映し
出された映像が刻々と移り変わっていく。
4つの時代の様子が順番に映し出されているようだ。
観察し終わって膜から出ると、見知らぬ人物が現れる。

 

も



彼女がアトラスの娘のイーシャであることが話から推測できる。 

イーシャは「タブレットを私に渡すな」と念を押すが、
一体、タブレットとは何のことなのだろう?

どうもシャボン玉の中の装置を指しているように思えるが、今の時点ではまだハッキリとは何を意味するのか分からない。 

再度シャボン玉の中に入り装置に触れると、突然別の場所へ飛ばされる。
見知らぬ男が目前に現れて話し始めるが、彼はエッシャーという名で、またもや彼にも「イーシャにはタブレットを渡すな」と言われる。

4つのスレートを集めると、タブレットが得られるそうだ。
スレートの意味もさっぱり分からないが、恐らくその内分かってくるのだろう。

 

y.png 

飛ばされた場所の付近には、巨大な剣が突き刺さっている。
確かこれはリヴンにもあったものだ。
この剣には一体どういう意味があるのだろう?
ドニ族の象徴か何かなのだろうか?

 

お 

見渡すと、この場所はどうも盆地状になっているようで、乾いた地面の周囲は高い岩壁でぐるりと囲まれている。
周囲には岩が散乱しているが、いくつかの岩には絵が描かれている。

岩にはリヴンでの始まりの場所そっくりの絵が描かれている。
地面に亀裂が入っているのも、リヴンでの最後のシーンを思い起こさせる。
もしかすると、リヴン後のストーリーがここに描かれているのではないだろうか?

h.png

t.png
 

この岩に描かれた人物は、アトラスと彼の妻キャサリンだろうか?
そして、彼らの中央にいる赤ん坊は娘のイーシャではないのだろうか?

 

b.png 

人々が横たわっている。死んでしまったのだろうか?
建物も崩れ落ちているようだ。
人々は何かを手渡しで運んでいる。
街を再建しているのだろうか?

 g.png 

r.png
 

岩の裏に、降りられそうな穴を見つける。
地面の小さな穴から蒸気が上がっている所もある。

 

い 

とりあえず、梯子のかかった穴から降りてみる。

 

d.png



続きを読む »

Theme: ゲームプレイ日記 « ゲーム

Tag: ミスト5

ウンザリするくらいマッタリ
Wed.26.11.2008 Posted in ゲーム
昨日は昼ごはんにタイ風ロコモコチャーハンを作り、
(なんか写真に撮るとマズそうだな・・・)

rokomoko.jpg

部屋全体を掃除して、ベランダ菜園の枯れた野菜たちを片付けて主婦的生活を満喫していると・・・

なぜか不思議なことに伝説のクソゲー「ダークシード」をやりたくなってきました・・・。

なんだろう・・・生活があまりにも平和すぎるんだろうか??


でも「ダークシード」はあまりにもヒド過ぎて(褒めてます)クリアする自信がないので・・・f^^;

続編「ダークシードⅡ」を、まさに主人公ドーソンよろしく眠気と戦いながらプレイしていると(というか気づいたら爆睡してました)、小包が届きました。

中身はというと、AMAZONで売っていた「クーロンズゲート」ww

今更ながら、金欠で10年前に買えなかった無念を晴らすべく、たった400円でプレイしようという魂胆です。


続きを読む »

Theme: 懐かしのゲーム « ゲーム

Haluz
Fri.26.09.2008 Posted in ゲーム
haluz.jpg
haluz

samorost( )っぽい誘導アドヴェンチャーゲーム★

NEXT PAGE »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。