Pick Up

タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンフリーの軟膏

我が家のベランダで育つ、コンフリー。



先日、妖精さんがヤブ蚊に刺されて脚が象のように腫れて熱を出したんですが、吐き気などの症状を調べてみると、どうやら軽いアナフィラキシーショックのよう

よく、アナフィラキシーショックは蜂に刺された時になるんですが、どうやら刺され具合があまりに酷かったのと、ヤブ蚊の毒が強すぎたのと、妖精さんが薬物に反応しやすい体質だったのが三重に重なった様子。

病院に行こうにも休日で夜間診療しかやってないし、脚の腫れが酷過ぎて車も運転出来ないし(ちなみに私は今現在ペーパードライバーです)

とりあえず呼吸も正常だし、これで悪化するなら、すぐに救急車呼ぶ心構えで応急処置。

早速、コンフリーの葉を何枚か取って来て、煮詰めた煎じ汁を飲んでもらい、刺された脚には煎じ汁で湿布。

注:現在コンフリーに含まれるアルカロイドによって肝機能障害が起る可能性を考慮して、厚生労働省が摂取しないよう注意勧告を出しています!
http://whttp://www.mhlw.go.jp/topics/2004/06/tp0614-2.htmlww.mhlw.go.jp/topics/2004/06/tp0614-2.html

ただ健康を害するほどのアルカロイドを摂取するには、通常だとかなり大量にコンフリーを食べなければならないこと、あと我が家のフツーのコンフリーだと含まれる量は葉っぱ数枚程度なら微量だということを考えた上での使用。(うちにはフツーのコンフリーとロシアン・コンフリーがいるのだけど、フツーのよりは、ロシアン・コンフリーの方が含有量は多いのでロシアンは使いませんでした。種類や生育条件によって含有量が違います)

ただ、人によって体質が違うので、アルカロイドの効き具合も違う=万が一効き過ぎる場合もある、というリスクはあるので、口から摂取する場合は使用量や食べるか否かの判断は、各自自己責任でお願いします。


30分後には熱も下がりはじめ、翌朝には湿布を貼った部分のみ腫れも引き、その効果を目の当たりにしました
そして、妖精さんは無事歩けるようになり、病院へと向かったのでした。めでたしめでたし。


ところで、このコンフリーには、アナフィラキシーショックに有効な成分が含まれています。

アナフィラキシーショックとは…体の中へ異物が入ると、排除しようと細胞が戦い初めます。でも、ついついビビり過ぎて戦いを激しくやりすぎてしまうと、ヒスタミンなどの戦う物質が多く作られすぎます。すると、必要な一部分だけでなくて、体中に戦い物質が放たれてしまいます。戦う必要のない正常な所を攻撃しはじめた結果、アレルギー反応が起きます。それが酷くなると、発熱や痛みや呼吸困難、意識混濁などを引き起こしてひどい場合は死に至るんですが…

つまり、例えるならアレルギーは、ビビり~でパニクった兵士たちが、指揮官が居ない兵士たちの戦争みたいに暴走して自国を破壊していくような、盲目で自虐的な性質の疾患なわけです。

詳しくはこちら
http://www.tele.co.jp/ui/leech/komaru/allergy.htm

コンフリーには、このヒスタミンの放出を抑える、抗ヒスタミン効果のある成分が含まれています。
狂った兵士たちに『戦争はもう終わったんだよ』となだめて、恋人の所に帰すような役目w

…そんな含有成分の働きすべてを、分かる範囲で何時間かネットで調べまくってから使用したわけです
薬草と毒草って使用量によっては境目が曖昧だし、服用するとなると危険があるので…

コンフリーには、他にも皮膚疾患、怪我にも効果的で、インディアンの人たちは骨が折れた時に骨を繋ぐための治療薬として使っていたという、かなり強力な薬効があります。

…と言うわけで

コンフリーの軟膏を作ってみよー\(^o^)/と思い立った私。なぜか昔から、人から貰う怪我が多いので(^^;; 妖精さんも皮膚弱いし、色々使えそう。

コンフリーの軟膏の作り方

【用意するもの】
・コンフリーの葉
・エクストラバージン・オリーブオイル
・ミツロウ
・鍋
・鍋より若干大きめのボール
・ゴムベラ(ゴムじゃなくてもいいけど、ゴムだと軟膏を全部ボールからこそげ落とすのに便利)
・軟膏を入れる容器

葉っぱを何枚か切り落として、お湯で数秒さっと湯掻いたものを天日で乾燥させます。(すぐに作業出来るなら、生のままでも大丈夫です私の感覚では、新鮮な生の状態から作った方が効果がある感じします)

エクストラバージン・オリーブオイルを用意します。
【使用量】エクストラバージン・オリーブオイル1mlにつき、乾燥コンフリーは0.1g、生の場合は0.5g必要。

今回はコンフリーの量が20gだったので、オイルの量は大体200ml必要ということ。


ボールにオイルとコンフリーを入れて、こんな感じでたまに混ぜながら3時間湯煎します。長丁場。お湯が沸騰し過ぎて、オイルの中にお湯が飛び散らないように気を付けます。本当は、鍋より一回り大きいボールだと、お湯も入らなくていいんだけど。

3時間湯煎すると、コンフリーの葉っぱは縮んでパリパリした感じになります。冷ましてから濾して、葉っぱを取り除きます。私は普段、コーヒーフィルターかお茶パックを茶こしに入れて使ってます♪


最後に絞って濾したら、コンフリーオイルの完成!このまま傷や湿疹に付けても効きますが、より皮膚の奥まで浸透するように長時間皮膚の上に留めるためには、軟膏にすると効果が上がります。

ミツロウを用意します。コンフリーオイルに対して5%のミツロウが必要。

今回はオイル60ml分を軟膏にして、残り140mlは他の実験用に保存することにします。なので、オイル60mlだとその5%の3gのミツロウが必要です。

またコンフリーオイルをボールに入れて、ミツロウも入れます。さっきと同じように混ぜながら湯煎します。(私は量が少ないのでビーカーでやりました)
今度は、ミツロウが全部溶けて、オイルとミツロウが混じり合ったら火を止めます。

溶かしま~す♪

すぐに軟膏を入れる容器の中に、ボールの中身を流し込みます。

いい緑色!冷えると固まって、出来上がりです\(^o^)/!!


ボールにくっ付いてる軟膏は、もったいないので、体の乾燥が気になる場所に塗りたくりますw 怪我してなくても、皮膚の乾燥にも効果的。


使用後の結果が楽しみだ~♪
後で、コンフリーとオオバコの最強MIX軟膏も作ってみようと画策中。
スポンサーサイト

ノコギリ草(ヤロー)の標本

今日はお休みだったので、100均に昆虫ゼリーの買い出しに行ったんですが…

在庫なし!

冬だから?!本当困る~(`д´)虫飼ってるのは、夏休みのチビッコだけだと思っていやがる

ゴッキーたちには、しばらく余って干からびた大根をあげるしかないなぁ…

…という訳で、大通り図書館でフロム・ヘル返して『若さの泉』っていうチベット体操の本を借りて来ました♪


5つのチベット体操──若さの泉・決定版5つのチベット体操──若さの泉・決定版
(2005/01/12)
ピーター・ケルダー

商品詳細を見る


ふむふむ…メムメムメムメム…と低い声で唱えると良いらしい…?

その後、我が家では何かというとメムメムメム…唱えるのが大流行しています★( ゚Д゚)<メムメムメムメムメムメムメムメムメムメムメムメム…

ホーミーで唱えると新種のセミの鳴き声っぽいw

そして、家に帰って若干掃除していると、去年7月に採取してからずっと放置されまくっていたノコギリ草の押し花を発見!完全に忘れてた(^^;

キャノンのクリエイティブパークっていうペーパークラフトのサイトがあるんですが、そこで額縁パーツをプリントして組み立て…



表記もしたため…こんな感じに完成!!\(^o^)/
写真左がノコギリ草、右がバリで買ってきた蝶の標本。


葉はノコギリのようにギザギザしてます。

ところで、ノコギリ草は薬草としてもかなり使えます。
詳しくはこちらのリンクをご覧ください。

http://www.fast-fasting.com/smart/detail.php?pid=ehbnhRYBC

北海道にはエゾノコギリ草という自生種があります。
葉の形は西洋のものより太く、分かれてません。花も大振りで可愛いです♪



西洋でもハーブティーとして、ヤロー(ヤロウ)という名で使われます。

学名アキレア。「ギリシア神話に出てくるトロイア戦争の英雄アキレウスが傷の治療にこのハーブを用いた」という伝説からこの名がついたそうで、主成分であるタンニンに止血作用があるそう(怪我にはまだ使ったことがないけど)

環境や他者との境界があいまいで、他者の痛みや苦しみ等を受け取りやすく、それによって消耗したり傷つきすい時。
オーラフィールドのもろさ、霊的に影響を受けやすい状態。
強さや活力、自己の統合性を守り、思いやりと慈愛に満ちた癒しエネルギーを保護します。

↑↑↑↑↑
こういう人には、ヤローは強力な助っ人です(=´∀`)人(´∀`=)

フラワーエッセンスでは、
私が毎日飲んでるヤローエンヴァイロメンタル ソリューション にも使われています★(電磁場や放射能などの有害なエネルギーからエーテル体を防御するためのフラワーエッセンス)


FESフラワーエッセンス ヤロー環境フォーミュラ(Y.E..S) 30mlFESフラワーエッセンス ヤロー環境フォーミュラ(Y.E..S) 30ml
()
FES(Flower Essence Society)

商品詳細を見る



ノコギリ草は私にはとても親和性のある重要な植物だから、額縁に飾って家の中でも真冬でも、こうして視覚的に常に身近に感じて繋がれるのがいいのかなぁ、なんて思います♪

野幌森林公園

今日はタンポポ狩りの為、旭山公園へ……

と思っていたのに、なぜか気づいたら地下鉄で逆方向に向かってました´д` ;
まぁいっか、と思い、そのまま実家のある新札幌まで★

こうなったら野幌森林公園だ!
バスに乗って開拓記念館でやってるはずの【アンモナイト展】へ行こうかな♪

なんて思ったのもつかの間;_;
入口が閉まってる
今日は休館日だったのでした…_| ̄|○

仕方なく百年記念塔のまわりを散歩。


タンポポに似たコウゾリナの花がポツポツと咲いてる。


途中、もがれたタマゴダケ発見。
可哀想に、無惨にもがれてました。
赤いからって毒キノコとは限らないし、毒キノコだからってもぐことはないのに。

…というか、実はこのキノコ、すごく美味しいらしいよね(^q^*)
それを証明するが如く、虫がいっぱい付いて食べてました。

ヒマなので、とりあえず森の中へ。
時間を計算して、日がくれるまでに出て来れるルートを辿ります★
懐かしい、森林公園…真夏でも真冬でも何度も通った小道を辿ります。


左上 ヤマブドウ
・実はとても美味。様々な生き物が好む重要な食料源。
・アイヌは雨上がりの後、幹を切ってしまわないように丁寧に一部皮を剥ぎ取り、打って紐にして履物など様々に用いた。濡らしながら編むとやりやすい。

左下 謎のキノコ


ずっとある切り株。焦げた跡があるから、雷が落ちたのかも!?


左上 不明

右上 カラトリカブト
【猛毒】アイヌは、オクトリカブト(写真の種類より大型の種)やテンナンショウ(過去記事参照)の根の汁とある種の蜘蛛などを潰し混ぜた汁を、弓矢に塗って熊猟をした。根は母根と子根に分かれる。この子根を用いる。
毒矢は遅効性の毒性の強いものの上に、即効性のある毒性の弱いものを重ね、松ヤニで固定する。
採取時期は10月頃。日当たりの悪い北側の斜面に生えたものは、根が太く毒性も強い。自生する場所によって毒の強さが違う。毒の強さでは、小樽の銭函産が有名。

左下・右下 マイヅルソウの実
【薬効】マイヅルソウの葉は、膿の吸出しに使われる。


右上・右下 サラシナショウマ(ブラックコホッシュ)
【薬効】
・生薬名:升麻(しょうま)
・秋に根茎を掘る。ひげ根をとって天日干しする。
・発汗、解熱、解毒、鎮痛、抗炎、神経痛緩和、喘息緩和。
・北アメリカの先住民が神経痛やリウマチなどの炎症抑制の為に使用していたハーブ。
・妊娠中の使用は避ける。

左上・左下 ムカゴイラクサ
・実のように見えるコブは、ムカゴと呼ばれる肉芽。
・イラクサ特有の蟻酸を持った棘が葉や茎にあり、触るとかぶれます。
・採取には手袋必須。若い新芽は食べられる。20cm程度までのものなら茎を食べる。棘は茹でると溶けてなくなる。
天ぷら、お浸し、和え物、味噌汁の具など、クセがなく美味しい。

・糸を作る。秋、青いうちに茎の根元の太い方から折る。乾燥させ、束にして木槌で叩くと繊維が残る。その繊維をよる。エゾイラクサより丈夫。白くて綺麗な糸が出来る。



左上 これもマイズルソウの実
右上 枯れてきた紫陽花
左下 エゾノコンギク
右下 不明


ノブキ
ひっつき虫の草
【薬効】
・葉の絞り汁は、腫れ物や切り傷、かぶれに効く。
・新芽と葉は炒めたり和え物にして食べる。


左上 エゾマイマイ
右上 ザトウムシ
求愛のダンス中。繊細で優雅な揺らめくような動きで、とても美しいです(*^^*)
左下 センチコガネ
右下 セセリの仲間かな?不明。

ずっと歩いて森を抜けると、林道に出て…ぐるっと歩き続けます。

途中、頼んでもいないのに、謎の車おやじに乗せてくよ、と声をかけられ…(~_~;)
なんでよりによって神聖な森の中にエロじじいがいるのかと。
「せっかく楽しんでるのに邪魔しないでくれ」と突っぱね、気分を害されたのも束の間、ひたすら歩き続けます。

下界に出て、なんか喉も乾いたし、折角だから実家によってこうと思い急遽訪問。
ピート小僧も元気にしてました♪

たんぽぽのオイル

最近連勤が続いて、全身の凝り&疲労が酷く一ヶ月間下痢もなかなか治らないので、どんどんやつれて元から無い胸もさらに消えていき゚+.(・∀・).+゚ キラリッ
ジーンズもベルト無しじゃストンと落ちる今日この頃でしたが

実は前回の日記のデトックスも、疲れ過ぎていたせいか逆に疲労感を増しただけに終わりまして…(^_^;)大の薬嫌いなのもあって薬は飲みたくないし、病院行くと逆に他人の病気が移りそうで行きたくないし、18時間も寝たせいでマッサージに行く時間も逃してしまい……

突然ハッと思い出しました

以前、amちゃんと中島公園で『たんぽぽ狩り』を決行した時に作ったたんぽぽオイル


すっかり存在すら忘れられていた不憫なたんぽぽたちでしたが…

このたんぽぽオイルこそ、救世主

去年初めて作った時はオリーブオイルに漬け込んだのだけど、今年は最近ハマっているケイシー療法に従ってひまし油+ピーナッツオイル+オリーブオイルブレンドで作成。

もう3か月は経ってるから、かなり濃厚に抽出されてます★

まず、使えるようにするためには、濾さなくてはいけません


コーヒーフィルターをセッティングしたものの、瓶の口径と合わずにオイルをぶちまけてしまったので、結局中の紙フィルターだけで濾すことに(^^;)



2滴/秒という、かなりスローペースな落ち具合…のんびり少しずつ濾していきます

その間に、ぶちまけたオイルを体に塗りたくってみると…去年とは比べものにならないくらい最良のオイルに仕上がっていて感動(∩´∀`∩)★

肌への浸透率が半端ないです塗った直後から弛緩しはじめる筋肉の感覚も、一日食事抜いて食べたときの『ヴァイタルエナジー摂取してる!』って感覚とか、日向ぼっこの時と同じで、皮膚から栄養とエネルギーを摂取した感じ。そして、だんだん幸福感と安堵感に満ちて視界が明るくなってきて、妙に体の輪郭の感覚がぶれ始めて、ソリッドでトゲトゲしてた輪郭がふわっと周囲に放射して溶け込んでいくそして、へその奥底から頭のてっぺんに向かって風が吹き抜けていく感覚。

この急激な弛緩作用は、オイルを塗る前にお湯に溶かして飲んだヨモギ&ゲンノショウコチンキ(下痢ブレンドw)との相乗効果もあるのだろうけど、言葉の通りまさにめくるめく効能で衝撃的でした!!ひまし油+ピーナッツオイル+オリーブオイルブレンドのベースオイルだけでも効果はすごいけれど、たんぽぽを加えるとその2倍は作用が強くなっているように感じる

これは、私とたんぽぽの相性が良いからなのかもしれない。たんぽぽからは太陽の光とか男性的な陽のエネルギーみたいなものを感じる気がする。あと、吹き抜けていく風も。

呼吸も無理なく正常に深く吸い込めるように戻ったし、もう大丈夫だ

たんぽぽありがとう

ちなみに、FESでもダンディライオンオイル取り扱ってるみたいです!

ダンディライオンダイナモ

追記) タンポポには、グラウンディングの効果もありそう。浮き足立ちやすい私には、その辺も合っているんだろうな。
http://flower-essences.cocolog-nifty.com/japanese_flowers/2010/01/post-5217.html


ダンディライオン フラワーエッセンス
DTW http://www.dtwjapan.com/single/dandelion.html

FES
http://us-directshop.com/products/detail.php?product_id=462

三菱山登山

今朝目が覚めると、枕元にずっと欲しかった接写&魚眼レンズが
妖精さん、ありがとう(*^^*)さすが妖精だ



まずは、体力が心許ない感じなので、セレブのお食事★もうすぐ食べられなくなるであろう絶滅危惧種うなぎ丼を食べ(o^q^o)



そして、今日は三菱山~盤渓山登山へ\(^o^)/
…という予定だったのだけど、登山ルートがよく分からず結局、盤渓市民の森をぐるっと回って帰って来ましたw




早速写真撮りまくり♪♪
接写レンズ、素敵すぎる


左上 ニシキタケ?かな?喰えるらしい♪
左下 未特定
右上 クサイロハツ。美味いらしい♪
右下 未特定


左上 エゾスカシユリ
左下 ウバユリ
【食用・薬効】
①7月頃、球根を採る。
②洗って潰し、水を流すと澱粉が取れる。この澱粉は腹痛や便秘に効く。
③残ったものをフキやホオノキの葉で包む。
④乾燥棚に載せて5.6日日陰で発酵させる。
⑤円盤状に丸め、中央とその周りに指で穴を開ける。紐を通して屋内で乾燥させて保存食にする。
⑥食べる時は削って、水で戻し上澄みは流してドロドロにする。豆や米などと混ぜてお粥を作り、食べる寸前にこれを流し込む。
『アイヌ植物誌』より

右上 ハナニガナ
右下 ヤナギラン


左上 オニシモツケ
左下 ウリノキ
右上 紫陽花(エゾアジサイ)
(野生なので、青いガクの部分が小さく少ない)
【薬効】
●生薬名:紫陽花
・6-7月の花が咲いている頃に花を採る。細かく千切って日干しする。
・風邪で熱や咳のある時に、水が半量になるまで煎じて飲む。

右下 ウツボグサ
【薬効】リンパ腺炎の特効薬
・リンパの流れを良くし、炎症を鎮める。
・消炎、利尿効果。
・眼病(ひどく痛むもの)、腫れ物、ガン、甲状腺腫などに効く。
①全体を煎じて服用
②天ぷらやおひたしにして食べる。
●生薬名:夏枯草(かごそう)
http://www.sm-sun.com/family/syouyaku/syou-ka/kagosou.htm
http://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic/e/f82e2c050d4ce997971e77684c646506


左上 未特定
左下 キンポウゲの仲間??毒ありそう。未特定

真ん中 オオバタケシマランの実

右上 食べられる サンカヨウの実(種がたくさんで甘い)

右下 お尻型のオニグルミの実
美味しいクルミの実♪
【薬効】
・疲労回復、滋養強壮、咳。
●生薬名:胡桃仁(ことうにん)
①果肉を土に埋めて腐らせるか、棒で叩いて中の種を取り出します。
②火で炙ると、殻が分かれる。
・棒で叩いて取れた果実の外皮や外樹皮は、紺に近い黒色の染料としても使われる。
・葉や樹皮は駆虫剤になる。毒。植物の成長を妨げ、魚や虫にも害を及ぼす。



左上 スジモンヒトリ
左下 ヒメオオクワガタ
右上 特定中
右下 森に行くと必ず会えるwマイマイガの幼虫。リアルニャッキ!!

三菱山付近の送電線★

魚眼レンズで撮ってみた!!


そして、今日もオトシブミの卵発見!!

一箇所だけ坂道が急だったのを除けば、ほぼ平坦で呑気なハイキングでした~(o^^o)

盤渓の森は鬱蒼と茂る密林って感じ♪植物の種類が本当に豊かでした~素晴らしい。:゚*+;(●´・д・`●);+*゚:。

そして…下山し終えた出口に何やら看板が…

えーっと?『7月7日 熊が目撃された…』…そうです…。

ナルホド~そうでしたか…|||(-_-;)||||||危なかった~(汗)

道中ラジオ鳴らし続けてて良かった~(´Д` )

確かに熊が住んでそうな素晴らしく豊かな森でした♪今度こそ盤渓山リベンジしたいなぁ★
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。