Pick Up

タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Haluz

haluz.jpg
haluz

samorost( )っぽい誘導アドヴェンチャーゲーム★

スポンサーサイト

鷹の城の亡霊

前に一回読んだ本を、再読♪

今更ながらあの傑作漫画「モンスター」を彼氏から借りて読んだんですけど、それが本当に面白くて、寝る間を惜しんで一気に読んでしまったんですが^^;

そういえば、この漫画と同じナチもので、同じくらい面白い本あったよなぁ~と思って、本棚を探してるとありました↓

鷹の城の亡霊 (創元推理文庫)鷹の城の亡霊 (創元推理文庫)
(2002/09)
ジョン ウィルソン

商品詳細を見る


モンスター」の興奮覚めやらぬ間に、すっかり内容を忘れてしまったこの小説を読み始め、やっぱりまた前と同じように寝る間を惜しんで読むハメに(汗)w


■ストーリー■
天才的な頭脳を持つエンジニアリング・コンサルタント、デーヴィッドはイギリス在住55歳のユダヤ人。一見ぱっとしない中年男だが、20歳年下の元ファッション・モデルの美人妻に愛されて何不自由のない生活を送っていた。そんな彼がある日、親睦会社から欧州赴任の指示を出される。赴任先の取引相手はドイツの大手製薬会社だ。
この日を境にデーヴィッドは悪夢にうなされるようになる。「パパー!パパー!」ものに怯えた子供のような泣き声。「どうかしたの、あなた?」
心配した妻に勧められて精神科医の治療を受け、催眠療法によって記憶を幼児期まで遡っていく。そこに封じ込められたイメージにアクセスしスケッチしていくと・・・そこにはアドルフ・ヒトラーの顔が描かれていた!!



一見ぱっとしない男が、自分の不可解な悪夢を解き明かすために、執念で真実の記憶とナチの残党に迫っていくサスペンス・スリラー。

とにかく、この主人公がいい味出してますww

外見はさえないケド、頭の回転の早さはピカイチで、忙しい仕事の合間を縫って、海を股にかけて奔走し、周囲をドタバタ事件に巻き込んだ挙句、本人の知らない間にいつの間にか標的はやっつけられていたという、びっくりな展開ww

あと、組織jに追われる身になったデーヴィッドの救世主、「ロキ10号」っていうハッカーも出てくるんだけど・・・やっぱりハッカーのキャラって固定化してるんだろうか??ww
彼が出てくると一気にコメディですよ♪
私どうもこういうシュールなキャラに弱いみたいでw
途中ちょっとダレて来たんですが、ハッカーが登場してきた所からは一気に読み終わりましたw


そして、ちょっとネタばれになりますが・・・
ここからは、見たくない方侵入禁止↓

READ MORE

レインボーマーチ

20080914165644
レインボーマーチ今終わりました!!

超楽しかった(≧▽≦)

詳細は後ほど★

READ MORE

ドクター・アダー

ドクター・アダー (ハヤカワ文庫SF)

サイバーパンクの古典的作品ってことで、前々から気になってた本を読了。

とにかく面白かった
極上のエンターテインメントでした★

こういう小説って、ノリのよさとかイメージのセンス・雰囲気とかを楽しむ感覚的なものだろうから、特に印象深い言葉とか、後に残るメッセージとかは何もなかったけども・・・w

とにかく後半からは読むのが止まらなくなるほど面白かったし、K・W・ジーターって人は抗えない中毒性の文章を描く人なんだなぁということがよく分かりました^^
フィリップ・K・ディックが興奮して序文を書くのも無理ないかもw

あと、この本が出版された年って、ウィリアム・ギブスンのアノ「ニューロマンサー」が出版されてサイバーパンクが生まれた年でもあるみたい。

その年にこの本が出版されたとなると、これは余程ショッキングな事件だろうってことは目に見えるようだけど・・・こういう血みどろで糞尿まみれなサイバーパンクって、今読んでも十分刺激的かも(おかげで出版を拒まれ10年も日の目を見なかったらしい)

私の歳と同じ年月を経た文章だとはあまり思えないし。
「早すぎたサイバーパンク」って異名もあるらしい。

巨大な肉の塊と化した奇妙な生物だとか、卑猥で混沌としたノイズチックな街だとか、ネット世界に精神を接続して網の目の中に入り込んだり・・・こういうのって今でこそメジャーなイメージなんだろうけど、出版された当時はかなり斬新だったのだろうなぁと思う。

主人公が捕まる、街のお父さんたちの組織、SPSこと<放蕩息子保護協会>なんていうネーミングも楽しすぎるしww歪んだ笑いのセンスあるよなぁ。
そして何よりも「肢体を切断した娼婦達が溢れ返る肉欲の暗黒街と、そこに君臨する悪徳外科医」なんていうイメージは、ありそうでないよなぁ、なんて。

今度は「ダーク・シーカー」を読んでみたいな。

READ MORE

CATEGORY:

THEME:海外小説・翻訳本 | GENRE:小説・文学

性的混乱を鎮めるエッセンス。

fes_calla_lily.jpg


3ヶ月程前からフラワーエッセンスというものを飲み始めたんだけど・・・これがかなり効いてたみたいで、この3ヶ月というもの、ウツ状態とは縁のない生活を送ってたんデスケド。

2日前にエッセンスが切れて、途端に急降下しだしました。
まさか、こんなに効いてたとは思いもよらず、不意打ちをくらった気分。
全身が痛い生活ってのも久々のもので、新鮮にすら思えるのだけど。


フラワーエッセンスっていうのは、ホメオパシーと同じ原理の治療法で。ホメオパシーでは鉱物とか毒物でさえも使うそうだけど、あまりにも高い倍率で希釈するんで原物はまったく残らないそう。

フラワーエッセンスの場合は、まず水の中に花を入れて、花の波動(原子はすべて振動しているので、すべての物質は波動でもある)を水にうつし、その水がエッセンスとなり・・・そのエッセンスの原液あるいは希釈した水を飲むことで、体内に花と同じ波動=性質を作り出す方法。

私の飲んでいたエッセンスは、「キャラリリー」、これはトランスジェンダー的な性別の混乱を鎮めて、社会のステレオタイプな性的役割に傷ついた心を癒し、自分の心の中の男性性と女性性の調和を助けてくれるらしい。

フラワーエッセンスの飲み方↓
http://www.flowerremedy.com/flowerremedy/dosage.htm

READ MORE

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。