スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旭山公園遠征
Sun.19.06.2011 Posted in 薬草
旭山公園で見つけたものたち


カタバミ
酢漿草(サクショウソウ)という生薬名で知られる
薬効:虫刺され、消炎、解毒、下痢止め、肝炎の薬として


シロツメクサ
薬効:咳・痰、強壮
食べ方:若葉、花を食用にする。
天ぷら、茹でて水にさらしてから、和え物、油いためなどにして食べる
花→茹でてさらしてから酢の物に


クルマバソウ(ウッドラフ)
甘い香り
ヨーロッパでは、ハーブとしてビールなどの賦香料とします。
薬効:防虫、めまい・貧血・嘔吐


ヨモギ
葉は、艾葉(がいよう)という生薬として知られる→止血作用
薬効:
若い芽、若い株→干して煎じる→健胃、腹痛、下痢、貧血、冷え性
育ったもの→干し風呂に入れる→腰痛、痔
食べ方:春につんだ新芽→茹でる→おひたし、汁物の具、草餅、天ぷら


巨大なマンダラみたいで、すごく綺麗でした☆小宇宙♪

オオハナウド
薬効:鎮痛、抗炎症、血圧降下、血管収縮、関節の痛み、リューマチ、頭痛、慢性気管支炎
使用方法:乾燥した根茎を、1日量3~9グラムを水0.4リットルで半量まで煎じて、3回に分けて服用する

食べ方:若い茎を茹でる→酢味噌やマヨネーズを付ける
セロリに似た香りと甘い味


その他気になった謎の草花

右下 シロバナヘビイチゴの花

スポンサーサイト
雑草クッキング part1
Sun.19.06.2011 Posted in サバイバル
暖かくなってくる今時期、サバイバル本能が疼いてソワソワ落ち着かない毎日ですが

最近、マッサージのお仕事で身体が筋肉痛だったり疲れ気味なのに、猛烈に外に出っぱなしで活動してたのもあって、

そろそろ体ヤバイかもとか、もっと自分の身体を労わらなきゃなぁと思い…


『やっぱり、食が大切だよね☆』

『食といえば、やっぱり住んでる土地で採れる、ネイティブな食べ物が一番イイらしい♪』

『そうだ、その辺に生えてる草が一番健康にイイに違いない!』



という結論に達しました(^^

そんなワケで、旭山公園に潜入して、藪の中から色々収穫してきました☆



本日の料理
『シロツメクサ(クローバー)』を食べようpart1

シロツメクサ(クローバー)の花の天ぷらを作ってみましたー☆



なんの変哲もない天ぷらですが、

中身はコレ




作り方

その辺の街中の道端に咲いてるのじゃなくて、山の中とか大きい公園の丘とかに咲いてるシロツメクサを探します♪
(排気ガスとか汚染物質の影響を考えると、街中で採取するのは避けた方が無難かなぁと☆)

見つけたら、花の部分だけ千切るか、切れ味のいいナイフで切り落とします

潰さないようにビニール袋か何かに入れて、家に持って帰ります☆

ボールに卵を溶いておきますもう一つのボールには、小麦粉か天ぷら粉を入れて、塩(クレイジーソルトもいいかも)を適当に入れて混ぜます

フライパンに浅く油を注ぎ、温めます。

シロツメクサを、卵粉の順にまぶします。(花は水で洗うと、水分が油で熱されてバチバチ跳んで危険なので、洗いません)

十分に熱した油の中に、まぶした花を投下します

4-5秒揚げて、すぐにキッチンペーパーを敷いた皿の上にあげます

全部の花を揚げて、出来上がり☆


食べ方は普通の天ぷらと同じ(^o^)

粉に塩を入れないでめんつゆとかでも食べられます

妖精さんに食べさせたけど、無事だったし

本当に普通に美味しいから、みんな食べてみて


ちなみに、予想以上に美味しかったので明日のお弁当の中身になりました♪

それにどうやら、強壮剤並みに栄養満点らしいので、精力とか免疫力とか衰えてる人にもいいかも

そのうち、野草弁当とか、野草定食とか作ってみようかな

そして、クローバーは花だけじゃなくて、お馴染み葉っぱの部分も食べられるようなので、次回は葉っぱの部分を料理してみようかなと♪

お楽しみにー(o^^o)♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。