Pick Up

タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄のイコノソフィア



久々に『地獄の黙示録』


地獄の黙示録 特別完全版 [DVD]地獄の黙示録 特別完全版 [DVD]
(2009/07/17)
マーロン・ブランド、マーティン・シーン 他

商品詳細を見る

私の映画ベスト3の中に入ってる映画のひとつなんですが

内面世界の探求の物語、特に恐怖への向き合い方については誰よりも詳しく教えてくれた映画だけど、反戦だけでなく、今の社会への批判としても当てはまるし、色々な比喩として成り立つなぁと改めて実感。

ゲド戦記然り、戦争映画の服を纏った、現代のアイデンティティ探索の物語(最後に倒すのは、シャドウである自分自身)であり、社会風刺、神話映画でもあるよなぁと。

そして、映画を観ながら中沢新一の『イコノソフィア』を読んでいたのだけど…

イコノソフィア―聖画十講 (河出文庫)イコノソフィア―聖画十講 (河出文庫)
(1989/10)
中沢 新一

商品詳細を見る


ちょうど本の第三講-聖ジョージの竜退治-という章を読みながら…気がつくと

『生贄によって形成される社会システム』について書かれた文章と、目の前に繰り広げられる映像が絶妙なシンクロ状態に(*´Д`*)==

まさにカーツ大佐は、彼のいうところの竜、あらゆる恐怖の戦争の渦中にいる人たちにとってのスケープゴート。
彼の殺害は神話的に必然だったんだ、と再解釈★


つまり…中沢新一によると、カオスが渦巻く世界では、新しいシステムを構築する際にスケープゴートが必要になるそう。

今までは、誰かを凶弾にあげる人を見ると、ユングの言う所の『投影』なんじゃないか?(自分自身内部の過剰な部分を他者に投影し、その相手を攻撃・抹殺する儀式をすることで『自分』という存在への確信を固める)そういう自分本位なシステムを形成するやり方は、自我を増長させるばかりで身勝手で、卑怯なやり方じゃないか?と反発感しか感じなかったけれども…

どこかの誰かが、カーツ大佐を殺害しなければ、この悪循環からは抜け出せない。新しいシステムは、古いシステムを破壊し、その悪循環を断ち切らなければならない。物で隙間なく埋め尽くされた不毛な大地には芽も出ず、成長もできない…。

っていうのが、軍内部での直視したくない自分自身の狂気を【投影】した結果の考えで、臭いものに蓋をするようにカーツ大佐ひとりをスケープゴートにして消し去ろうとしている、っていう否定的な見方だけをしていたのだけど。(そして、彼らがまた同じ人々を生み出して巡り巡る悪循環が、まさに今の社会そのものな気がする。そういう意味で、この映画は社会批判とも読み取れるよなぁ)

…でも、中沢新一によると私とあなた、感情だけになって対立する世界では、客観的で理性的な俯瞰した視点が欠けていて、その欠けた第三者の視点を生み出して進化するためにはスケープゴートという、私でもあなたでもない第三者の存在(追放された部外者としての)が必要になるのだと。

なるほど、確かにそういう視点もあるんだなぁと目から鱗でした!

確かに、第三者の冷静な視点を生み出す必要があった…
って視点で考えるのは発展的だし、実際に2つの対立するものから新たな3つ目が生まれるには、まずは2つの反対勢力をひとつに結びつけなければならないだろうし、そのためには2つを結びつけるためのきっかけになる生贄の存在が必要なのかも。それは進化の法則でもあるのかもしれない★

そう考えると、今までのエントロピー増大、分離相反カオスに向かって真っしぐらの時代から新たな時代を生み出すためには、生贄となる犠牲者が必要不可欠だということじゃないんだろうか?

今の現実では、その犠牲者というのは震災の被害者の方々だろうし、これからますます熾烈を極めるだろう災害での犠牲者の方々なんだろうと思う。

その犠牲者の方々によって、分離していがみ合っていた人たちがひとつに融合出来る。きっと、災害でみんなが犠牲者の人々の苦難を知ることによって第三者の視点があることに気づけるのじゃないか?つまり、犠牲者とは違う、あなたと私の共通点である【生きている】って事実が実感されてくるし、困難な時代だけど【みんなで助け合おう】って共通の目的が生まれて、今までのやり方ではない、もっと俯瞰した全体像から導き出される新しいやり方が見えてくるからじゃないだろうか?


…ちょっと話がずれたけど、映画の中では、カーツ大佐と向き合い血みどろの殺害の儀式を体験したのはウィラード大尉ただひとり。そして、その同じ空間・時間を共にし、同じように儀式体験をしたのはカーツ大佐率いるカーツ帝国の人々だけ。

そういった儀式は、実際に肌身で感じ、体験してみることで変容をもたらすものなのだろうから、実際に儀式を体験し、そのインパクトを痛烈に体感した彼らの中では、カーツ大佐というスケープゴートの死から新しいシステムが生まれる体験となり得たんだろうと思う。

そして、カーツ大佐は類稀な感性の豊かさと創造力やカリスマ性で、辛うじて世界との繋がりと存在意義を創り出すことが出来てはいたけれど…

生来の詩人だった彼が、軍人としての完ペキな冷徹さや限りなく純粋に近いに暴力にバラバラに引き裂かれてしまった末路、すでに崩壊したカーツ大佐という人の残骸のみがとどめを刺してくれと助けを求めて喘いでいた所に、あのエンディングだったんだろうな。

『恐怖…』

被害者であった人がある時点で取り込まれて同じ加害者になり、どんどんドグマにがんじがらめに飲み込まれていって、また被害者がどんどん生まれて同じ加害者になって飲み込まれていって…

鼠算式恐怖の大量生産(´Д`lll)
暴力の源は恐怖…

やっぱり、この映画を内面的に見た後の最大の教訓は【自分の恐怖を知り尽くし、飼い馴らせ】【敵を知り尽くせ】ってことなんだろうな。

つまり、意識の外に追いやった感情は、必ず狂気という竜として舞い戻ってくるのだから、自らを騎士のように奮い立たせ、最大限の勇気を持って竜と対決し、征服し、その役割から解き放ってやるまでは、狂気と混沌の世界からは抜け出せない…っていう風に読み取れるのかなぁと。

スポンサーサイト

久々にDJやります【イベント告知】



【HIS!】HAPPINESS IN SLAVERY【HIS!】

札幌唯一のインダストリアル/ゴシック DJイベント!

今回はゲストにIMPACTでお馴染みの獄嶽さんです。
イベントで踊り疲れたらあいあいちゃんのお菓子で
糖分補給!!

ご来場いただくと4/30のELECTRIBE
(http://ameblo.jp/electribe-impactchaosmix/)
の前売りチケットが500円引きで購入可能!

3/31(sat)
22:00から
@BARchaos
札幌市中央区南5西2社交会館3階

door¥1000

ドレスアップディスカウント
¥500

過剰装飾
ゴシック
ロリータ
サイバー
フェティッシュ
ドラァグ
コスプレ
パンク

グロカワSWEETS:あいあい

Guest DJ:
獄嶽(IMPACT)


DJ:
アン
Cyaan
SiN. a.k.aヨッシー
PIRO
RAMONE TETSUO


INDUSTRIAL,INDUSTRIAL ROCK/METAL, PSHYCHEDELIC TRANCE
GOTHIC,DARK ELECTRO,EBM,HARD TECHNO,DUBSTEP,DRUM'N'BASS



…という訳で、久々にDJやります!


…が、DJってどうやるんだったかな?終了のお知らせが聞こえる気がする…

もしかして…この状況、マズイ…かも?!

さようならピート君



うちのピート君が、私の実家に貰われて行くことになりました~

茨城旅行行ってる間中、実家で預かってもらってたのだけど…

戻ってきた直後、
弟はペットロスならぬピートロスで、廃人のようになってしまったらしく

母も『寂しくて気が変になりそうだ』ということだそうで

うちでは、大の猫嫌いの猫、
チル女王陛下がずっとピート被害の件で深刻にお怒りのご様子だったので、

問題はすべて丸く収まって、一件落着

そして、旅立ちの前には…
なんと恐怖の去勢手術があるのでした

考えるだにぞっとするけど…手術を受けないと、マーキングし放題で室内で飼えなくなったり、発情したり、色々と大変な問題が起きてくるので、仕方のないことなのです…

ピート君、頑張ってくれたまえ(。o≧ェヾ(´・ェ・` )君もこれで私の仲間入りだ(トランスジェンダー的な意味で)w

実際笑えないけど(T_T)
夏への扉を探し続けられるように

久々にクライミング♪

久々にNAC札幌でクライミング



NAC札幌は、7と9のつく日は、16:00から夜割価格なので、早めに行けば安い値段で16:00-22:00 計6時間も楽しめてお得です♪

ハーネスをオークションでゲットしたので、これからは施設使用料だけで登りまくり♪


綱渡りみたいな平均台?(追記:スラックラインというものらしい)もあって、
クライミングよりこっちの方に白熱してしまったり

それにしても、しばらくやっていなかったのもあって、筋力が落ちてるんじゃないかなぁと思ってたけど、マッサージの仕事のおかげか筋肉痛も全くなく…

毎日6~12時間休憩ナシでぶっ通しでマッサージしているんだから、当然といえば当然だけど
やっぱり異様に体力だけは人一倍あるんだなぁと実感( ´ ▽ ` )

クライミングの何が一番楽しいかっていうと、登ることよりスパイダーマンみたいにシュルシュル降りてくる時(しかもトップロープじゃないと無理)と、高い所から下を見下ろすことなんですが(色んなものが見える♪)(^_^;)



心身両方もっと鍛えて、自力で行ける所まで行きたいなぁ

登れる所まで登って潜れる所まで潜りたい

サバイバルな旅 in 茨城 -偕楽園・弘道館編-

前回の続き…

すっかり書くのを忘れてた(^^;)

実はサバイバルスクールの前に『偕楽園』へ行ってきたのでした




梅の花もちょっとだけ咲いてました♪

ニュースでやっていたけど、今年は全然梅の花が咲かなくて、梅の花の名所では困っていたそう。

例年通りなら、満開の梅の花を見れたのかもしれないけれど(v_v`)ちょっとだけ咲いてた花が、とても綺麗だったので満足♪

何となく気持ちよい方向へ歩いて行くと、

巨木が寄り添うように2本立っている場所に辿り着きました☆
(写真に写ってる木のウラ側に、もう一本います)

側には泉が湧き出ていて、その辺一帯がものすごいパワーに溢れていて、最高にリフレッシュ

前の日の深夜に仕事終えて早朝の便で茨城に飛んだから、ほぼ不眠状態だったのに、一気に元気が回復(*´∀`*)♪

そして、歩いても歩いても、まわりの木が全て北海道の木とは全然違うことに愕然。

気候や種類のせいもあるのだろうけど、私の知ってる北海道の森は、もっと荒々しくて病んでる感じなのに、ここの木たちは健康的で穏やかで満ち足りてるなぁと

よく見るとどの木にもタグが付いていて、みんなキチンと管理されてる(*゚0゚)!

どの木も丁寧に世話されているから、こんなにも輝いていて美しいんだろうか?

私の知ってる森たちも、みんな人間が一本一本キチンと世話をするようになれば、こんな風に美しい森になるんだろうか?

お金払って『偕楽園』本体に入ったものの、昔の茶室とか人工的に形を変えられた木たちよりも、まわりで自然に伸び伸びしている美しい木たちに見とれてしまって、実際の所、本体の方には興味なかったというオチ…(・_・;)w



弘道館も行ってきました☆


色々と昔の建造物がありましたが、震災の影響でボロボロに…

そして、庭に生えそろったグネグネした木たち…みんなよじれて窮屈そう。

巨大化した盆栽みたいな、人工的な造形美の魅力が結局よく分からず仕舞いでした


一番気になったのはこの草。



そこら中に生えてるけど、なんて草なんだろう?アダムスファミリーのカズイット(モップ男)みたいに、夜になったら動き回りそう
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。