スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第三の男
Tue.15.08.2006 Posted in 映画
「第三の男」

B0007YVXCI.09._SS500_SCLZZZZZZZ_V1119952885_.jpg


はじめて見ました。

前々から気になってはいたんですけど、他に見たい作品があって借りるのを見送っていた作品でした。

いや~面白かったです

とにかくテンポがいい!

演出がうまい!

大抵映画を見てると途中で飽きてくる瞬間があるけれど、この映画ではそういうことが全然なかった。


いたいけな幼い男の子が、突然「人殺し!」と叫び、執拗な叫弾者に変貌する恐怖。

突如として闇の中から姿を現すオーソン・ウェルズ。(猫と幽霊と夜の街。この組み合わせってものすごくゴシック)

現実感が突如として失われる瞬間の恐怖。

あるいは、ホーリーが信じていた友人の真の姿。

信じ込んでいたものが突如として覆される恐怖は、まるで「ねじの回転」を彷彿とさせる恐ろしさで、ゾッとしました

そして特に素晴らしかったのが、ウィーンの街並と地下道の映像美。

最後の方のシーン、地下道に差し込む光の中から現れるホリーの姿には、すっかり魅了されてしまいました☆

もう文句なく最高級のサスペンス!

そしてこの映画の脚本を書いたのがグレアム・グリーン。

今まで彼の小説は読んだことないけど、この映画を観てちょっと読んでみたくなってきたかも。

そういえば、丸善に行くといつも500円ワゴンセールでよくこの映画も見かけるけど、今度見かけたら買ってしまいそう。

なんだか500円って言われると、百均の心理が働いてあんまり観もしないのに大量買いしそうになるんだよなぁ

「オペラ座の怪人」とか「フランケンシュタイン」とか、すごく気になるけどもっと節約しなくちゃ



スポンサーサイト

Theme: 色あせない名作 « 映画

« ニュータイプ書道 | Home | ほのぼの癒し系ゲーム2 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。