スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サバイバルな旅 in 茨城 -火起し編-
Thu.01.03.2012 Posted in サバイバル
久々の日記

なにやら2月は怒涛の内に過ぎて行き、ワーカホリックすぎる一ヶ月でした

一体全体、私は何をしてるんだろう?なんでこんなに働いてるんだろ?と疑問を感じてしまう程多忙だったせいもあって、

ついに思い切って、ずっと憧れていた念願のサバイバルスクールへ行って来ちゃいました


↑スカイマークは安い!!
(羽にハートマークがついてる!)


前にも書いたのだけど…➡この記事
あの頃から、ちょうど2年が経つんだなぁ…(*^^*)早いなぁ☆

この、トム・ブラウン・ジュニア
という方の書いた『ヴィジョン』という本と巡り合ってしまってからというもの⬇

ヴィジョン―次元のベールを超えて見た地球の未来 (5次元文庫)ヴィジョン―次元のベールを超えて見た地球の未来 (5次元文庫)
(2008/02/07)
トム ブラウン・ジュニア

商品詳細を見る


この4年間、ネイティブアメリカンの深淵な世界観に魅せられ続け、私にとっての何よりものバイブルとなっていたワケなんですが

このトム・ブラウン・ジュニア氏がやっているサバイバルスクール「トラッカースクール」がアメリカにありまして、そこで学んだ先生の主催する自然学校が茨城県にあります⬇
Wild and Native

ここのWAN1というコースに参加してきました~★


ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ

[WAN1 内容]

感覚瞑想-五感をフルに研ぎ澄ます瞑想法

フォックスウォーク-キツネ歩きの仕方

ワイド・アングル・ヴィジョン-視野を180°にして観る方法

トラッキング・クイズ-足跡から読み取れる情報を推測

弓切り式火おこし

シェルター(デブリハット)の作り方-木の枝と落ち葉を使った寝床の作り方

焚き火の作り方


ちょうど雨だったのもあって、
室内にいる時間の方が長かったけど、


雨の日の、
火おこしの時の湿気への注意とか、
乾いた焚き火の薪の探し方とか、

色々普段疑問を感じていて知りたかったことが知れたので、ナイスタイミング

トム・ブラウン・ジュニアのナイフ★

刃の所にスカウトって文字とコヨーテの足跡マークが付いてる♪


このナイフで麻縄を切り


ほぐして火種を育てる用の最初の着火材にします★


火おこしデモンストレーション中の拓さん


火が付いた♪


その辺にあった枯葉に着火するのも成功したので、大満足

発火法には色々あるんですが、今回は弓切り式火起しでした♪

北海道ではアイヌの人たちが、
主に今回の弓切り式で火おこしをしていたそう☆

アイヌの火おこし道具 イキサプ


でも、道具を一切持たないフルサバイバル時には、紐を作るのが大変なのでキリモミ式火起しが良いそう☆


そしてどうやら、世の中には『古式発火法検定』協会なるものがあるらしい

早すぎる!こんな風に付けてみたい(」゚ロ゚)」


目指しちゃう??どうしよう?

…つづく

スポンサーサイト

« サバイバルな旅 in 茨城 -シェルター編- | Home | 初ワカサギ釣り »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。