Pick Up

タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サバイバルな旅 in 茨城 -水族館編-

前回のつづき…

サバイバルスクールの後は、

大洗水族館

関東最大の水族館ということで、かなり期待してたんですが…


水槽が巨大すぎる゚+.(゚∀゚)゚+.!!

湾曲した硝子のレンズ効果で、中の生き物たちが巨大化されて観える仕組みに感動!

サメ特集のイベントもやっていて特別展示室もあったけど、それよりも巨大水槽の迫力は圧巻


深海魚コーナーには、近頃大量に打ち上げられ続けているリュウグウノツカイの標本や、


幻想的なクラゲ水槽があったり、

キッズコーナーではアメフラシに触って、お姉さんにアメフラシとウミウシの違いを教えてもらったり('∀'*)


カピバラ銭湯には湯船(すでに水?)に浸かるカピバラさんが!!

水族館ウラ側探検イベントに参加して、水族館の巨大オーバーフローシステムとか、餌製造機とか、巨大フィルターに感激しまくりでした~(*^o^*)縦横にはりめぐされたダクト萌え(残念ながら、写真撮影は禁止でした)

ウラ側探検の最後には、イルカ水槽で間近に迫ってイルカを見ることが出来たんですが…

つい飼育員のお姉さんに『ここのイルカたちは、どこから来たんですか?』って質問をしてしまい…

どうやら彼らは和歌山から拉致られてきたそう…

妖精さんが言うには、イルカたちは泣いていたそうだし私も憂鬱で絶望している彼らの気持ちがひしひしと伝わってきて、やり切れない気分に…


彼らは、故郷の海や家族・仲間たちを思い出しているんだろうか?

すぐ硝子の向こうに広がっている広い海に帰りたいだろうになぁ…

イルカは自殺したくなったり、するんだろうか?

そして、それは私が飼っている魚たちや貝たちや、モンモ(我が家のレオパ)にも言えることだけど。

結局、生き物を飼うっていうのは、お互いの合意の上じゃない場合は『監禁』して一方的な独占欲で『愛でる』っていう変態的な犯罪行為に他ならないワケだよなぁ…。

女の子を誘拐して監禁して、いたぶる犯罪者たち。虫の標本をコレクションするのだって、動機は違えどやってることだけ見れば『羊たちの沈黙』に出てくる犯人と変わらない。そこにはどちらも愛って言葉に隠された、エゴにまみれた所有欲がある。

きっと関係性にもよるだろうけど、水槽の中の生き物たちが犠牲者の苦しみではなく、幸せを感じているのなら良いけれど☆

動物園も水族館も動物サーカスも、毎回見終わった後は楽しさとやり切れなさの葛藤で幕を閉じる

…つづく
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。