Pick Up

タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環太平洋の環境と文明を考えるシンポジウム

前の日記で、釧路のアイヌ民俗資料館へ行ったと書いたけれど、そこの壁に貼ってあった紙


これが気になってしまい、お休みとって行ってきました~\(^o^)/

『環太平洋の環境と文明を考える』シンポジウム

思ってたより一般向けな感じでした★
皆さんそれぞれの分野で活躍されている先生方ばかり。


アイヌについての講演では、今現在の現代人として生きてるアイヌの人たちの話を聴けた『アイヌ=自然と調和して生きる民』ってステレオタイプ像で苦しんでるアイヌ人たちも、やっぱりたくさんいるんだってことはたまにネット上では話題になってるのを読んだことはあったけれど、やはり実際問題として真綿ど首を締められるような生き辛さがあるんだってことなど、アイヌの村で10年暮らした先生の実体験の中で楽しく聴かせてもらえました♪


インディアンとかもそうだけど、今現在生きてる先住民族の人たちは、昔の侵略前のイメージとは大分かけ離れて、現代の文明に文化を奪われ、現代風に生活してるって知識が全然ないんだろうな。その現状をもっと広めないと。


あとは、アイヌ語で『気配が薄くなる』って言い方があるらしく(すみません、忘れました)…現代の人々はこれから一体どうなってしまうのかと憂いている、という話も面白かった。


『気が薄くなる』って表現は、まさにその通り言い得て妙だと思う。私自身、街中を歩くと道行く人々に感じるし、街自体も独特の淀んだ雰囲気や、
空気が薄かったり重くて息が詰まるような雰囲気を持っているなぁと感じるし。


他にも、ナスカの地上絵は二人いれば30分かからないで作れる話にはビックリ(誰でも出来るらしい!)


そして、青山和夫教授(マヤ文明)のが、インパクト大で面白い可笑しく楽しませてもらっちゃいました!!
自分の結婚写真とか出しまくりだしw笑えたww時間が割りと短かったのでもっと長く詳しく聴きたかったなぁ★

マヤ文明とか地質学的な方向から、今の地球環境について見ることも出来るんだなぁ~と感激

地球規模で見ると、私たちは今ちょうど気候が安定した期間の続いた長い時代の最終時点に生きていて、これから全体的な変動の時代に移行する変換期(以前から延々と繰り返されて来たけれど、環境破壊で早まった)にいるってことを、分かりやすく説明していただけたことに感謝♪
思ったより楽しくエキサイティングな講演だった


なによりも、この講演のテーマである『この世紀末的な時代、人類は今まで何を間違えてやってきたのか?どうすればより良く生きられるのか?先住民族や先史文化に学ぼう』ってスタンスに共感を覚えるし、私もそれをまだまだ追求して実際に実現して行きたいなと心新たにさせてもらいました~♪

これからますますこういう色んなジャンルの人たちが集まって、意見交換して新しく融合させて…って場が増えてくるんだろうな出来るだけ急ピッチでやらないと本当に追いつきそうにない状況だけど、どんどんこういう面白い試みをしていけば、未来への希望はほんの僅かでもあるんじゃないかって思えてくる
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。