Pick Up

タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回 札幌国際短編映画祭1

行ってきました映画祭
前回行ったのが2006年だから…もうあれから6年もの月日が流れたんだ

そんなに経ったなんて信じられないなぁ…せいぜい3年前くらいかな~と思ってました(^^;;

歯医者の後、唐突に思いついたのでひとりで直行。

F-A フィルムメーカー部門Aを鑑賞。

★モハマドレジャ・ハジポ監督作品

初出勤

失業した主人公は、タクシー運転手としての初日を迎える。大変な客ばかりで散々な一日。

ラストが「え!?これで終わり?」って感じで尻切れトンボでした(^^;;

エンドクレジットの音楽も、不穏な雰囲気。この監督は、この世の中の不条理さを描きたいのかな?


検査結果

HIV検査の結果を聞きに来た男。しかし、カルテが見つからない!!まさか…陽性だったのか!??

今までの女性関係を必死で辿っていくシーンはなかなか笑えるというか、まぁ私自身同じような心配は今まで無きにしも非ずだったので、ブラックジョーク的な感覚でしたけどw

いかにもラテンなノリでいちゃついちゃう主人公と、病院嫌いの子がいかにも思い描きそうな医者の模写が割りと笑えるコメディ…かと思いきや、ラスト病院から出た直後にまたもや不穏な空気……

「過去から学ばない」ってのは今まで私も色々あったけど、さすがにこうして客観視すると危うすぎて心配すぎる…(^^;;あれだけ冷や汗かきまくりだったのに、ケロっと忘れる便利なお気楽機能搭載の主人公w

そういう性格ってなんて自分に似てすぎるんだ(´Д` *)笑えるww

…だけどHIVの実際問題としては全く笑えないセックスの時の避妊と感染症予防は、避妊具使ってても万が一を想定して、本気で一生をかける覚悟で挑みましょうってことですねw


ベイビー

映画撮影、赤ちゃんがどうしてもシーン通りに泣いてくれない(´Д` )!さて、どうする?

撮ってる映画のテーマは「いかに幼少期の家庭環境が、その後の人生に影響を与えるか」。

そういった映画を撮って、おそらくは「夫婦仲良く、子供を大切に育てれば素敵な大人として成長する」ってことを映画で伝えようとしているのであろう状況で。

赤ちゃんを泣かせようとするわけです。映画の為に。大切なことを伝えるためには犠牲は必要ってことなのか?

赤ちゃんはそら恐ろしい変顔の嵐で、多分一生分のトラウマを背負ったことでしょう!(変顔は笑えるけどw)

でもやっぱり後味は…不穏。
あの子のその後が心配。

ハジホ監督の作品全編、すべてそんな感じの「未来のない今」で終わるラストだから、なんだかモヤモヤしてしまった。希望は感じられないし

最後には、壇上に監督ご本人が登場し、インタビューとなりました★
仕事しながら給料で映画作ってるらしい!!全部自費制作ってすごいなぁ。私もその心意気、見習わないと

この映画祭の素敵な所は、こうして作品を作ったご本人が登場したり、客席に普通に座って鑑賞してたりすることだよなぁ~。

私の英語は小学生レベルなので、話したくてもうまく通じないですけど(^^;;

次は…
ドン・ハーツフェルト監督作品

きっとすべて大丈夫
休憩3D
あなたは私の誇り


何だかおかしくなっていくビルの日常。病がどんどん忍び寄って…。

すごくシンプルな描写のアニメなんだけど、饒舌で味わい深くてキラキラしたものが潜んでいてドローン音としてBGMで流れているような…

多分。普通に観ると、バッドトリップでシュールで不穏で、限りなくエントロピー飽和状態のアウトサイダー世紀末アニメなんだろうけど…。

主人公ビルは脳の病気だから、本当に夢の中のように時間感覚もなく、空間認識もあいまいなまま進んで行くんだけど、

その物語の進行の仕方がまるで本当の夢を見ているみたいで、病気になってからの感覚も映像からすべて伝わってくる気がしたし、体が死んだ後はこんな風に一生を回想するんだろうなってリアルに感覚として感じられる作品でした。

まるで、全部主人公だけではなくて私自身も体験してるみたいな感覚。
まるで、もうすぐ私も死ぬ運命にあるから、「死ぬ前に予行練習しとけよ!」って親切な人が用意してくれてた映画、みたいな感じ。

この後見た映画もほとんどが世紀末ムード全開で、同じように「死ぬ心の準備」をさせるかのようなものばかりだったなぁ。

みんな気づいてるハズだもんな。
ただ、安易に不安感を煽っても仕方が無いけれど★実際この世界がどうなるかなんて全然分からないのだし。

でも、もしこれから死ぬしか無い状況になるのだとすれば、「死ぬのって、今までに比べたらそんなに悪くない、むしろあまり変わんないね」って言ってるみたいな、気落ちしないで死ぬ準備が出来そうな擬似体験映像だったハーツフェルト監督の作品がベストだったかも♪
スポンサーサイト

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お久しぶりです〜o(^▽^)o♪
お元気でしたか??覚えるも何も、忘れられようがないですよーv-398v-353

映画祭、なかなか時代感にマッチした作品が多くて面白かったです(*^^*)

北大には博物館もあるんですよ♪
私も気にはなってたんですけど行ったことがなくて、初めて行ってみました★ホルマリン漬けもなかなかショッキングだったけど、皮膚病のレプリカが…v-399かなりリアル過ぎてホラー映画を指の間から見る的な感じで壮絶な光景でしたよーv-12v-40

モンモは相変わらず元気です♪
そちらは変わり無いですか〜?

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。