スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボブさんの儀式
Tue.09.04.2013 Posted in イベント
ボブさんの地下での儀式について、書いておこうと思う。書かないつもりでいたけれど、でも、それって正直な態度じゃない。

感動と衝撃は未だ覚めやらないし、すぐにでも、あの感覚に入っていくことは出来る。

でも、忘れやすい自分のためにも、確認のためにも。詳細を忘れないようにしたいなぁと思う。


【以下、私の覚え書き】

ヘミシンクの方法で、F10に意識を移行して、グラウンディングの方法(呼吸法とイメージング。地球の中心部へ、自分の第一チャクラから根を深くまで降ろして行くイメージ)で、意識的に大地と繋がる。


暗闇の奥深くの方から、暖かいエネルギーが湧き上がる。

それは四方八方に放射している。

意識的に、そのエネルギーと繋がる。

衝撃。
雷が落ちたような激しい震え。
私の胸から地下へと伝っていく。

涙が自然に流れる。なんて悲しいのだろう。

ボブさんも涙している。

人類の過ち
痛み
悲しみ
破壊と荒廃

イメージと感情が湧き起こり、目前を流れていく。

我々はどこへ向かうのか?
もう時間はない。
…という言葉。

私たちのためになんでもしてくれようとしている存在がいることを、ボブさんが告げる。

とても優しく高貴なエネルギーが感じられる。

何かの存在
何人かいる

語りかけられた気がした。

姿のぼやけた誰かに、言葉をあげようと言われる。

言霊を 真実を 託される。

大丈夫、行こうと。

アイヌの知恵、私たちの知恵を伝えてくれと。そう言われる。

私は承諾した。

体が重い。
重力が倍に感じられる。

みんなの場の空気感が、微細な振動となって伝わってくる。

ボブさんがなめらかに動く。
はじめ、それは何かを捧げる動作に見える。
両手で、何かを差し出している。

やがて、シャチのヒレの動きだと分かる。というより、その両方かもしれない。

私も祈り続ける、
感覚を研ぎ澄まし、全体に集中する。

ボブさんはメッセンジャーなのだ。
彼を通して、スピリットが交流している。

彼はシャーマンなのだ。

私はもういつでも、ここに繋がることが出来る。目印を付けておいた。

いつでも、繋がっていられる。
この大地の魂、古代の魂と。
スポンサーサイト

« 鯉と戯れの湯 | Home | ポロトコタン »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。