スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カムイミンタラで遊んできた♪
Sat.07.09.2013 Posted in アウトドア
流石に7年もずっと同じだと飽きてしまったので、ちょっとブログのテンプレートを変えてリニューアルしてみました♪

もう7年も続いてるんだなぁ。。

途中所々、音沙汰ない感じにはなっていたものの、昔の日記を辿ってみるとこっはずかしいながらも色んな記憶が蘇ってくる


何か別のものに熱中するとちょっと前のことすら忘れてたりするので、そんな著しく記憶力がない私には、こうして日々の出来事を記録していく作業ってとても重要なわけです。

Twitterが一番使い勝手が良いけれど、ブログの場合は、もっと遠くから自分の過ごしてきた時間をハイライトを見るような感じで俯瞰することが出来るし、書きながら色んなことが整理出来てく気がする。

記憶ツールとしてのブログなので、ネットワークが消え去るか、私がこの世から消え去るまでは、これからも長々と続けていく予定ではいるのだけど。


ところで★

この間、知り合った山岳会の長谷川さんが、早速、高山植物のパトロールも兼ねて、旭岳に連れて行ってくれました♪

まず、旭川までずーっと高速道を行き、そこから旭岳ロープウェイへ向かいます♪
http://wakasaresort.com/asahidakeropeway/

旭岳は以前、友人とキャンプで来た時以来だなぁ^^*

その時は、ちょっとその辺を散策しただけだったけど、姿の見えないナキウサギがたくさん鳴いていて、いつどこかから現れないかなぁって探しまわったのを思い出した

ロープウェイで標高1100m付近まで行きます~

IMG_7249_Fotor.jpg

頂上の駅では、3分レクチャーなるものを受けてから、遊歩道を歩いていきます♪

知らない高山植物がたくさん生えている中で、一際鮮烈な青紫色がきれいなミヤマリンドウの花。

IMG_7294_Fotor_20130915161937550.jpg


非常用の山小屋もありました★

IMG_7263_Fotor.jpg


池の色が青緑色だ。。。ハッカの味がしそう。


どこを見てもみんな生命力に溢れまくっていて、すべてが力強くて美しい!

IMG_7264_Fotor.jpg

でもこの池の水は硫黄が混じっているだろうから、もしかすると温泉のような味がするのかもしれない。

なんて美しいんだろう...✨


もうお昼だったので、とりあえず休憩所になってるベンチでおにぎりを食べ、長谷川さんがお湯を沸かして入れてくれたカップ麺を少しいただきました♪

山で食べるカップ麺って最高!!

おなかも満たされて、上へと歩いていきます。

霧で前が全然見えないし、結構寒いなぁーと思いながらも、山の重圧な存在感に圧倒されっぱなしで感動の極み。

IMG_7266_Fotor.jpg

硫黄のガスがこっち側に風で流れてきてるのもあるし、雲で真っ白で先が見えない。。。

IMG_7270_Fotor.jpg

硫黄のガスの噴出口。

IMG_7271_Fotor.jpg

みんな寒そうに震えながら登ってる...。
私はさっきカップ麺を飲んだのと、こないだ入手したストームクルーザーを着てるお陰で全然寒くない♪

楽しくてどんどん登った結果、標高1900m付近でかなーり寒くなってきたのと時間もなくなってしまったので、下山することに。

上の方は色とりどりの石たちが一面ゴロゴロとしていて、ひとつひとつが全然違う模様や色をしていて、手に取って一個ずつ観察したい衝動に駆られましたが...時間がないので、それはまた今度にしようと諦め...^^;;

大きな岩の上には、みんなが積んでいった石たちが塚みたいになっていて、

IMG_7281_Fotor.jpg

聖地らしく、たくさんの神様が祭られているが如く、すごく不思議な光景でした。

真っ白すぎて写真は撮れなかったけど、下の方の景色は素晴らしく感動的♪

IMG_7278_Fotor.jpg

すごい勢いでガスが噴出してます!

IMG_7286_Fotor.jpg

下山中、こんな寒い中をサンダルと木の杖持って、ガシガシ登ってくるツワモノ白人の兄ちゃんもいたりしてw

海外からの観光客の人が結構登ってて、途中可愛い白人のお姉さんに写真撮ってもらっちゃいました♪


満喫しまくりで高揚状態のまま、ロープウェイで下界へと戻り、

麓の湧駒荘で温泉に浸かってマッタリ。
http://www.yukoman.jp

とても体が温まって、完全にリラックス。

そして、ここの温泉旅館はロビーで湧き水が飲めます♪

確か昔来た時、湧き水を探してたのだけど、まさか建物の中に湧き水を汲む場所があるとは知らず、この温泉の周辺をウロウロした記憶が...^^;;

和んだ所で、札幌へ。


長谷川さん、本当にどうもありがとうございました!!

靴紐の結び方や装備品や天気についての豆知識、そして歩き方は長谷川さんの歩き方を出来る限りマネしてみましたが、すごく歩きやすい!長谷川さんの側にいるだけで、常に色んなことを教えて頂きました感謝感激です

そして、晴れているともっと景色が良いとのこと。でも、雲で陰る山の重圧感も私にはかなーり魅力的でした♪

今度はロープウェイ使わないで自分の足で麓から登ってみたいなぁ
スポンサーサイト

Theme: 湯巡り♪ « 旅行

« 手稲山(平和の滝ルート) | Home | コンフリーの軟膏 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。