Pick Up

タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌国際短編映画祭

友人と一緒にSAPPOROショートフェスト2006に行ってきました☆

いくつか分かれているプログラムの中で、今日はI-E (音楽好きな人必見)プログラムを鑑賞。3つのプログラムが見れる券を買ったから、明日もあさっても映画三昧だぁ

まずは1話目「うなぎ」。

i_e_1.jpg

原題「The Eel」
監督 Dominic Hailstone
2004年 イギリス 
 
http://www.lovefilm.com/view_dvd.php?dt_id=49527

最初はただ水槽の中をうなぎが泳いでいるだけなんですが・・・突然大量の赤い液体が迸りうなぎに大異変がぁ

そして怪物系ホラーに様変わり。

インダストリアルなノイズが絡み合って、得体の知れない恐怖と嫌悪感を誘発

クローネンバーグの怪物の上をいく気持ち悪さだけど、あの人間と海生生物と植物が合体したみたいな生々しさが妙にエロチック。

これを見れただけでも観に行ったかいがあったなぁ



2話目の「ポールマッカートニー死亡説の謎」はあんまりビートルズに興味ないんで、なんとも言えませんが(すみません、途中で寝てました)・・・。

i_e_2.jpg

原題「Who Buried Paul McCartney?」
監督 Wouter van Opdorp
2005年 オランダ

ポール・マッカートニーは死んだのか?というゴシップの行方を淡々と追ったドキュメンタリー作品です。

見所は、ウェスタンおじさんのファッション☆

サボテンのネクタイにきらきらシャツ。

キッチュでかわいい!!



3話目「極楽ロック」

i_e_3.jpg

原題「Our Man In Nirvana」
監督 Jan Koester  
2005年 ドイツ

バンドのボーカルがライヴ中に感電して、色彩に溢れる天界を旅してくるお話。

美麗な映像にウットリ。

どうやってこんな映像作ってるんだろう?と友人と一緒に感激!

そして監督のJan Koesterさんも会場に来てました☆

映画の音楽は彼の友人のバンド(フランク・ザッパに影響を受けたらしい)の曲だそうです。



4話目「マクラーレンの世界」

i_e_4.jpg

原題「McLaren's Negatives」
監督 Marie-Josee Saint-Pierre
2005年 カナダ

ノーマン・マクラーレンの映画制作についてのドキュメンタリー。

アニメーションと実写が雑じりあってて、こういうドキュメンタリーって新鮮☆



5話目「ハエのメロディー」

i_e_5.jpg

原題「Musca」
監督 Ariane Mayer
2005年 ドイツ

http://www.arianemayer.de/seiten/musca_film.html

オープニングの写本の華麗さと聖歌のハミングだけで、もう満足☆

動物愛護の映画はあるけど、こういう昆虫愛護の映画ってあんまりみないから貴重だな。



6話目「マンウォッチング」

i_e_6.jpg

原題「Throng Syn 」
監督 Gudmundur Arnar Gudmundsson
2005年 アイスランド

なんだか見ていて目がチカチカするアニメでした。

うまく言い表せないけれど、ゲームを長時間やった後に目と頭の中がいろんなイメージでチカチカする不快感と似てるかも。

どうやらストーリーがあるみたいなのだけど、今一よくわかりませんでした。

途中でレズビアンのカップルらしき2人がバーでキスして(そういえば、最近ビアンカップルがバーから追い出されたっていう事件なかったっけ?)、それを見た男が発狂するシーンがあるのだけど・・・結局何を言いたかったんだろう??気になるなぁ・・・。




7話目「拍手」

i_e_7.jpg

原題「THE CLAP 」
監督 Geoff Lindsey
2005年 イギリス

あ~いるいる、こういう人!

コンサートで毎回曲が終わると同時に拍手して、

しかも手が腫れるんじゃないかってくらいがんばって叩いてる人!

アレを見ると、本当に拍手で共演することに人生かけちゃってる人っていそうな気がする。

もう拍手男とピアニストの表情のやり取りが面白すぎ

笑い過ぎてお腹が痛くなりました。

傑作です

スポンサーサイト

CATEGORY:映画

THEME:映画館で観た映画 | GENRE:映画

COMMENT

はじめまして。マスケンといいます。
僕も「拍手」には大笑いしてしまいました(^^)
「うなぎ」が最後でなくてよかったです(笑)

マスケンさん初めまして^^こんにちは☆
なんかMrビーンもそうだけど、イギリスのコメディって表情が効いてますよね。久々に涙出るくらい馬鹿笑いしました。「うなぎ」も怖すぎて笑うしかなかったですけど(笑)

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。