Pick Up

タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同性愛者削除条例?緊急賛同者募集!!

今日はネットショッピングでBaby Dollのブルゾンがセール中だったので思わず衝動買い☆

購入確認メール来てるかなぁ~と思って、メールの確認をしていたら、

メルマガに信じられないニュースが・・・

日本初、同性愛者の人権を擁護する条例として、全国の同性愛や両性愛者に希望を与えてくれた、宮城県都城市「男女共同参画社会づくり条例

これが2004年4月から施行されたにも関わらず、また改めて修正されるのだそうです。

条例からは性的指向という言葉が削除されます。

そして9月22日、この条例は採決されることになります。

性別又は性的指向にかかわらずすべての人の人権が尊重され・・・ 
          
 すべての人の人権が尊重され・・・



なぜ条例から性的指向にかかわらずという言葉を削除するのか?その理由は、読んでいて本当にショックでした。


性的指向にかかわらずという表現は必要ないのではないか。主語は「男女」でいいのではないか。

性的少数者の人権を条例で認める必要はないのではないか。

この条文があることによって、性的少数者の方が、教育の場に立つ事も考えられる。一般の市民に受け入れられるのか




これが日本の現実なんですね。せっかくいい気分だったのに

この発言をした人は、自分の身の回りには、同性愛者や両性愛者なんて一人もいないと思っているようです。

一般市民として、人を愛することでどれだけの人たちが偏見に悩み、苦しみ、生きているかをあなたに体験させてあげたい。
http://www.sukotan.com/douseiai_02.html

日本では同性愛者や両性愛者の人口は全体の5%と言われているようです。

つまり20人に1人の割合です。学校のクラスに1人はいる可能性があるという事です。(でもホントはもっとたくさんいると思うなぁ)

もしあなたが、どれだけ多くのゲイやビアンやバイの人たちが自分の周りにいるのか知ったとしたら・・・。

普段親しくしている友人だってそうかもしれない。

そしてもし、あなたの娘が「私女の子と付き合ってるの。」と、悩み苦しんだ末にやっと勇気を振り絞って打ち明けたとしたら。

きっと見て見ないフリは出来ないはずです。


「同性愛は性倒錯だ、異常だ」と思い込んでいる人が未だに結構いるようですが、この世にはいろいろな愛の形があるという事に気づいていないのでしょうね。

自然界でも、400種類以上の野生動物に同性愛が観察されているそうですし。
http://allabout.co.jp/relationship/homosexual/closeup/CU20051030A/index.htm

(登別マリンパークニクスのペンギンにゲイカップルだって!↓)
http://www.badi.jp/kiji/2005/06/nw0506081.html


ふと、前に彼氏にバイだって打ち明けた時の事を思い出しました。
彼は今までゲイやビアンの人に会ったことがなくて、世間で言われてる「気持ち悪い」イメージしかなかったらしく、私がバイ(本当はパンセクシュアルだけど)だと受け入れるまでにかなり時間がかかったようです。

好きな人に「気持ち悪い」と思われるのはとても悲しかったけど・・・私も最近までずっと自分の性的指向を受け入れられなくて悩んでいたので、その気持ちもわかります。

でも、もし小さい頃から本当の同性愛者について知っていれば、こういう感覚はきっと起こらなかったと思う。

誰かを「好き」と想う気持ちは意志の力で変えられないという事、性的指向は自分の意志で変えることは出来ないという事を知ってさえいれば、こんなに悩むこともなかったんでしょう。

もっともっと同性愛者や両性愛者が目に見える身近な存在になっていかなければ、この状態は変わらないのかもしれません。

この条例削除の理由を見ると、小さい頃から同性愛に対する間違ったイメージを刷り込まれて洗脳されてしまった、人々の姿が浮き上がって見えてくるように思います。

そして条例を決める際に、少数者の人権を考えて理性的に決めるのではない、ご都合主義で保守的な態度も見えてくるような気がします。

すべての人」という言葉でいろいろな立場の人たちを一括りにしてしまうという事は(最近の政治政策でもそうですが)、社会的少数者を四捨五入して切り捨てる事でもあると思います。

シンプルな言葉は一見わかりやすくて良いように見えるけれども、その反面、人として大切なものを気づかないうちに削ぎ落としていってしまうのではないでしょうか?

こうやってますます弱い立場の人々が、目に見えない所へ処分され、弱肉強食の社会になって行くことが何よりも気がかりです。

これからの将来に不安を覚えます。


採決までの期限はあと3日2006年9月12日(火)24:00 までだそうです!


府議会議員の尾辻かな子さんが、抗議文を送るために賛同者を募っているそうなので、是非「俺も!私も!」って方はメールを送ってみてください★
http://blog.so-net.ne.jp/otsuji/2006-09-04-1


「ちょっと!ソレどういうこと??」と怒り心頭な方、何か言わずにはいられない!って方は意見をこちらの方へどうぞ★↓

   ■送付先:長峯誠(ながみねまこと)都城市市長
   info@city.miyakonojo.miyazaki.jp

   ■送付先:都城市議会 議会事務局
   gikai@city.miyakonojo.miyazaki.jp








スポンサーサイト

CATEGORY:その他

THEME:気になるニュース | GENRE:ニュース

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。