スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミスト5再開
Sat.03.09.2016 Posted in ゲーム
今年の1月4日に、Steam で 75% オフだった『Cyan Complete Pack』を激安価格で購入して、念願のミストシリーズを一気に手に入れた上機嫌の私でしたが…
 

一度途中まで進んでたミスト5も、仮想化ソフトの不調でWindowsが使えなくなってしまい、しばらくゲームを中断せざるを得なくなってしまいました…(´;ω;`) 

そして記憶喪失並みに忘れっぽい私なので、復活までの短期間ですっかりプレイ内容を忘れてしまったのでした~┐(´-`)┌

…というわけで、結局初めからプレイすることに(^_^;) 

今度は忘れないように、ゲーム記録をつけておくことにしようっと♪

 


00 



 

<以下、プレイ記録>

アトラスの独白に続いて、場面はミストのラストシーンでアトラスが閉じ込められていた場所から始まる。 

アトラスの居た机の上にはミストへの接続書が置かれているが、誰かがうっかり中を見ないように革のベルトで固く封印されている。

 円形の広間には、ぐるりと円形の床を囲むように扉が何個も配置されていて、頻繁に轟音が鳴り響いて地面が揺れる。
まるで地震のようだが、どうもこれは以前リヴンが崩壊していった直前の状態に似ている。

 地震の後、机の反対側に位置する扉に把手が付いているのに気づく。
よくよく観察すると、多数ある他の扉には把手は付いていないようだ。

 扉を開けると、通路が続いている。
美しい青緑と紫色の、アラベスクのような繊細な樹木の意匠が施された壮麗な通路を進んでいく。 

まるで森の中を歩いているようだ。
そこかしこに謎の猿のような生き物が蠢いていて、鳴き声にはゾッとさせられるが気にせずに進んでいく。

 途中、床に置かれた電灯とその脇に置かれた一冊の本を見つける。
どうやらこれはセーブ用の記録帳のようだ。
英数字で記録を記入できるようになっているが、日本語は使えない。

 試しにセーブしてみると、この本のページにセーブ時の画面画像が接続書と同じように記録される。

電灯の脇の通路を進んでいくと、シャボン玉のような不思議な膜に覆われた謎の装置に行き着く。

 

う 

 膜の中へと入ると、周囲の膜に映し
出された映像が刻々と移り変わっていく。
4つの時代の様子が順番に映し出されているようだ。
観察し終わって膜から出ると、見知らぬ人物が現れる。

 

も



彼女がアトラスの娘のイーシャであることが話から推測できる。 

イーシャは「タブレットを私に渡すな」と念を押すが、
一体、タブレットとは何のことなのだろう?

どうもシャボン玉の中の装置を指しているように思えるが、今の時点ではまだハッキリとは何を意味するのか分からない。 

再度シャボン玉の中に入り装置に触れると、突然別の場所へ飛ばされる。
見知らぬ男が目前に現れて話し始めるが、彼はエッシャーという名で、またもや彼にも「イーシャにはタブレットを渡すな」と言われる。

4つのスレートを集めると、タブレットが得られるそうだ。
スレートの意味もさっぱり分からないが、恐らくその内分かってくるのだろう。

 

y.png 

飛ばされた場所の付近には、巨大な剣が突き刺さっている。
確かこれはリヴンにもあったものだ。
この剣には一体どういう意味があるのだろう?
ドニ族の象徴か何かなのだろうか?

 

お 

見渡すと、この場所はどうも盆地状になっているようで、乾いた地面の周囲は高い岩壁でぐるりと囲まれている。
周囲には岩が散乱しているが、いくつかの岩には絵が描かれている。

岩にはリヴンでの始まりの場所そっくりの絵が描かれている。
地面に亀裂が入っているのも、リヴンでの最後のシーンを思い起こさせる。
もしかすると、リヴン後のストーリーがここに描かれているのではないだろうか?

h.png

t.png
 

この岩に描かれた人物は、アトラスと彼の妻キャサリンだろうか?
そして、彼らの中央にいる赤ん坊は娘のイーシャではないのだろうか?

 

b.png 

人々が横たわっている。死んでしまったのだろうか?
建物も崩れ落ちているようだ。
人々は何かを手渡しで運んでいる。
街を再建しているのだろうか?

 g.png 

r.png
 

岩の裏に、降りられそうな穴を見つける。
地面の小さな穴から蒸気が上がっている所もある。

 

い 

とりあえず、梯子のかかった穴から降りてみる。

 

d.png




また謎の生き物が現れて、逃げていく。
どんどん進んでいくと、通路に電灯と本が置かれている。

 

j.png

k.png

い
 

もう一冊見つかる。こちらには表紙に絵が描かれている。
先ほど岩に描かれていた絵と同じだ。

 

y_20160903003832a6f.pngう

y_20160908233717d9a.png
 

どうやら、これからイーシャが書いたらしき、この日記シリーズを集めていくことになるようだ。
どの表紙の絵も地上の岩に描かれた絵と同じものだ。

 

r_201609030039003e8.png 


壁にドニ族の数字と、何か見たことのない文字が記されている。

 

t_201609030039023c7.png 

さらに探索していくと、床の装置に天井からの光が当たる謎の広間に出る。

 

r_20160903005025e52.png 

広間を進んでいくと、またエッシャーが現れる。

 

m.png 

左手の扉から進んでいけと言われるが、まだ探索途中なのでエッシャーが現れた後ろ側の通路に置かれたイーシャの日記を手に入れて、また元来た通路に戻る。

 

y_20160903005149d79.pngう

r_20160908233642cbc.png
 

通路を奥に進んでいくと、また例の生き物がいるが、近づくと蒸発するかのように消えてしまう。
通路の奥の左側には部屋がある。

中に入ると、そこには寝床があり、誰かがそこで生活していたことが伺える。
ベッドの上にはまた日記が置いてある。

 

ういk_20160903005028f40.png

g_20160903005023fa9.png
 

最後のページの絵は、後々何かの鍵になりそうだ。

 

t_201609030049097cd.png 

部屋には丸い投影機?があり、青いスイッチを押すとイーシャの顔が映る。
彼女は恐らくドニ族の人々が自滅していく様を嘆いているようだ。
一体何があったのだろうか?

 

え 

さらに、部屋の中には全く用途の分からない装置がある。
左側に刻まれた円形のマークは何だろう?

この装置は、上の方に伸びている管に繋がっている。
先ほど地上で蒸気が出てくる小さな穴があったが、この装置は蒸気で作動するのかもしれない。

 

d_20160903004911fe0.png 

壁をくり抜いた寝床と、シャベルや梯子、謎の譜面台…本を置くためのスタンドだろうか?
そして金属で出来ていそうなポールが何本か床に落ちている。

 

つ 

接続書だ。この接続書の載った台にも、さっきの装置と同じマークが付いている。
もしかすると、このマークはこの「時代」を表す記号なのではないだろうか?

 

b_201609030049136e3.png 

ページには、Ⅲと書かれている。
これは後ほど分かったが、この数字は、接続書で接続する時代での転送場所を表している。

 

y_20160903004915406.png 

映像に手を触れて接続すると、とても美しい場所に到着する。 

スポンサーサイト

Theme: ゲームプレイ日記 « ゲーム

Tag: ミスト5

« ミスト5 ディレボ「休息の時代」 | Home | 上幌市庭  »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。