スポンサーサイト
--.--.--.-- Posted in スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デイヴ・マッキーン来日!
Wed.11.10.2006 Posted in 漫画
jpg_Dave_McKean-2-169x220.jpg


どうやらデイヴ・マッキーン(漫画家/イラストレーター/映画監督)が大阪ヨーロッパ映画祭のためゲスト来日するらしいです!

彼の初長編映画「ミラーマスク」の上映後、ディスカッション&サイン会で生のマッキーンに会えます

11月26日 17:30~19:10  
海遊館ホール
にてアクセスはこちら↓
http://www.kaiyukan.com/access/index.htm

大阪かぁ~札幌からは遠すぎるわ

マッキーンに会えるなんて羨ましい限りです!!

札幌でもシアターキノ辺りで「ミラーマスク」上映して呼んでくれないかな


ところで、デイヴ・マッキーンと言えばDCコミック「サンドマン」の表紙デザイナーです。

私が彼のファンになったきっかけもこの「サンドマン」シリーズからなので、今日は「サンドマン」について語ることにします。

サンドマン (1) サンドマン (1)
Neil Gaiman、海法 紀光 他 (1998/04/08)
インターブックス
この商品の詳細を見る


ダークファンタジー界の重鎮ニール・ゲイマン原作(通常アメコミは作家や漫画家や色付け担当など、分担作業で制作されるようです)の異色のアメリカン・コミック「サンドマン」。

1991年、コミックとして初めての世界幻想文学大賞受賞。

アメコミというと、一般にスーパーマンだとかX-MENみたいなピチピチボディースーツのスーパーヒーローものを思い浮かべると思うのですが、この「サンドマン」はヒーローでも何でもなく、夢の国を統べる夢の王という、とてもファンタジックなキャラなのです。

物語は文学―シェイクスピアやウィリアム・ブレイク、ダンテなど―や聖書、ギリシャ神話などが背景になっているので、その筋に詳しい方には堪らない作品なのではないでしょうか。

けれど、そういう知識があまりない私でも、ストーリーの面白さに引き込まれてすっかりはまってしまったので、西洋文学がサッパリな人でも関係なく楽しめる読物だと思います。

人間の心の闇を掘り下げた残虐でドロドロした話もあり、子供時代に読んだらトラウマになりそう。

ダークな大人向けコミックです。

幻想文学が好きな方は是非読んでみて下さい☆きっとはまりますから♪

残念ですが、日本語版ではシリーズの半分も翻訳されずにいるようなので(中途半端で続きが気になる・・・)英語版で続き読んでみようかな、と思っているところ。

番外編みたいな短編も大量に出回っているらしいので最近興味津々です

英語の勉強にもなるし、辞書片手に頑張ってみようかな♪
スポンサーサイト

Theme: アメコミ « アニメ・コミック

« ニセコ温泉の旅 | Home | クライブ・バーカーズ アンダイイング »

comments

こんばんは。
サンドマン・・・面白そうですね。

それと、ヨーゲンフルーツのアイスクリームを教えて下さり、ありがとうございます。近いうちに食べてこようと思います。楽しみです(^^)

マスケンさん、こんばんは。
いえいえ、こちらこそありがとうございますm(_ _)m
ロイズのアイス、おいしそうですよね!
私もこれ以上寒くなる前に食べに行ってみます^^♪

早速今日、食べに行ってみました。
「バナナアーモンドキッス」美味しかったです。
どうも、ありがとうございます(^^)

「バナナアーモンドキッス」食べたことないです。
マスケンさんのブログの写真拝見しましたけど、すごくおいしそうですね(^q^)☆
なんだか私もヨーゲンフルーツのアイス食べたくなってきました。
近々食べに行って来ようかな♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。